トラスト光の評判は最悪?料金・キャンペーン・解約方法などを解説!

トラスト光 評判
サル助手

トラスト光ってところから「今使っている光回線が安くなりますよ!」って営業電話が来た。悩んでるんだけど、どうかな・・・?

ひかり博士

正直にいってトラスト光は、おすすめはしないのう・・・。なぜなら評判が悪く料金も高いからじゃ。

トラスト光の評判を調べてみると、かなり辛辣な口コミが多いです(すぐに口コミを確認したい人はこちらをクリック)。

この記事では、通信業界に現役で勤めている筆者が、トラスト光の料金や評判、キャンペーンについて徹底解説します!

先に結論をいうと、トラスト光はあまりおすすめではありません。なぜなら、さらにお得で評判のいい光回線があるからです。詳しく知りたい人は、「光回線のおすすめ9選|20社の速度と料金を比較!」の記事をご覧ください!

目次

トラスト光とは?

トラスト光

画像引用:トラスト光公式サイト

月額料金5,478円
利用登録料3,300円
工事費44,000円
契約年数3年間
解約金55,000円
契約解除料金:33,000円
機材回収費用:22,000円
キャンペーン月額料金から50カ月間880円割引
申し込み窓口電話:0120-922-959

トラスト光は、NURO光と同じ回線を使っており、下り最大2Gbps/上り最大1Gbpsの高速通信ができます。提供エリアは以下の通りです。

【提供エリア】
(東日本)北海道、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県
(西日本)大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、三重県、岐阜県、愛知県、静岡県、福岡県、佐賀県
※上記のエリアでも使えないことはあります。

ひかり博士

ここからは、実際にトラスト光を使っている人の口コミを確認するぞ。

トラスト光のプランには、ONUホームゲートウェイがセットになっています。

トラスト光の評判・口コミ

評判

早速トラスト光の評判・口コミを確認していきましょう。

いい口コミが少なく、悪い口コミが大量に見つかりました・・・。特に営業方法については、評判がものすごく悪いです。

【いい口コミ】
・速度が速い

【悪い口コミ】
・営業電話がめんどくさい
・解約金が高い

ではそれぞれ確認していきましょう。

トラスト光のいい評判・口コミ

速度に関する口コミ

速度が速いとの口コミです。さすがNURO光の回線を使っているだけのことはありますね。

これ以外にもトラスト光の口コミを色々と探したのですが、あまり見つけることができませんでした・・・。あまりメジャーな光回線ではないこともあり、口コミ自体が少なめです。もちろん満足に使えている人もいるかと思います。

ひかり博士

悪い時ほど口コミを書きたくなるもんじゃが、それにしてもトラスト光にはいい口コミが見つからなすぎるのう・・・。

トラスト光の悪い評判・口コミ

営業電話・訪問営業に関する口コミ

https://twitter.com/aichiNY28/status/1481593473581338626
https://twitter.com/konjiki120/status/1444237123305947143
https://twitter.com/tomoya_one_love/status/1406661232438874121

とにかく多かったのが、「営業電話が多い、訪問営業が悪質だ」との口コミです。よほどノルマが厳しいのでしょうか?ただ、強引すぎる営業手法には嫌気がさしますよね・・・。

正直、電話勧誘が多い会社は避けた方が無難です。

ひかり博士

トラスト光の公式サイトには、「サービス内容や営業活動に対しての苦情」専用の電話番号が記載されているのぅ。それほどクレームが多いということじゃ・・・。

解約に関する口コミ

https://twitter.com/remon_you13/status/1381133232540774404

トラスト光には3年間の契約期間があり、更新月以外に解約すると55,000円もの解約金がかかります。オプション契約している場合は、さらに高額になることも(解約について知りたい人はこちら)。

こんな高額な解約金は払いたくないですよね・・・。

ひかり博士

軽い気持ちで契約してしまっても、簡単にはやめることができないぞ。契約は慎重にするんじゃ。

参考記事:契約期間の縛りがない光回線を比較!

トラスト光と他の光回線を「キャンペーン・料金・速度」で比較

トラスト光 比較

ここまで、トラスト光の悪い口コミを中心に確認してきました。ここからは、他の光回線とトラスト光を比較していきます。他の光回線と比較することで、初めてトラスト光がおすすめなのかどうかがわかります。

今回は、代表的な光回線であるドコモ光・auひかり・ソフトバンク光・NURO光と比較していきましょう。

ひかり博士

比較ポイントは、「キャンペーン・料金・速度」じゃ!

トラスト光
・キャンペーン→充実していない
・料金→他の光回線に比べてトータル数万円高い
・速度→不明(データなし)

トラスト光のキャンペーンを他の光回線と比較

まずは、それぞれのキャンペーンを比較しましょう。キャンペーンによって月額料金や初期費用が変わってきます。

ひかり博士

ここでは、適用条件が特にないキャンペーンのみを比較しておるぞ。

キャンペーン
トラスト光・工事費無料
(月額料金から50カ月間880円割引)
ドコモ光・5,500円のキャッシュバック
・工事費無料
auひかり・20,000円のキャッシュバック
・工事費無料
ソフトバンク光・37,000円のキャッシュバック
・工事費無料
NURO光・45,000円のキャッシュバック
・工事費無料

トラスト光のキャンペーンは、他の光回線と比較して圧倒的にお得ではありません…

多くの光回線には、キャッシュバックがあります。トラスト光には、そういったキャンペーンがなく、お得度が薄いです。

トラスト光にはスマホセット割がある

スマホセット割
トラスト光ソフトバンクスマホ・
ワイモバイル割引
550円〜/月
ドコモ光ドコモスマホ割引
550円〜/月
auひかりauスマホ割引
550円〜/月
ソフトバンク光ソフトバンクスマホ・
ワイモバイル割引
550円〜/月
NURO光ソフトバンクスマホ・
ワイモバイル割引
550円〜/月

トラスト光には、スマホと光回線を合わせて使うとお得になるキャンペーン「スマホセット割」があります。スマホセット割は、1台に付き550〜1100円割引になります(割引額は契約プランによる)。

ただし、同じくソフトバンク・ワイモバイルのセット割が適用できるNURO光やソフトバンク光の方が、料金的にお得です。本当にそうなのか、料金を比較してみましょう。

トラスト光の料金を他の光回線と比較

キャンペーンを加味した料金は以下の通りです。

スクロールできます
戸建て2年間の総額
月額料金
初期費用
トラスト光134,772円5,478円3,300円
ドコモ光118,580円5,720円3,300円
auひかり88,900円4,400円3,300円
ソフトバンク光102,580円5,720円3,300円
NURO光83,100円5,200円3,300円
スクロールできます
マンション2年間の総額
月額料金
工事費
トラスト光134,772円5,478円3,300円
ドコモ光103,400円4,400円3,300円
auひかり47,620円2,680円3,300円
ソフトバンク光103,620円4,180円3,300円
NURO光44,300円2,750円3,300円

トラスト光の2年間の総額は、戸建て・マンション共に最も高いことがわかります(トラスト光は戸建て・マンションともに同じ月額料金)。

同じ回線を使っているNURO光との料金差は、戸建てで5万円ほど、マンションに至っては9万円ほどもあります。

トラスト光は、光回線をお得に使いたい人にはおすすめできません。

お得な光回線をすぐに知りたい人は、こちらをクリックしてください(ページ内を移動します)。

トラスト光の速度を他の光回線と比較

光回線を選ぶ時に重要な要素である「実際の速度」も比較していきましょう(みんなのネット回線速度を参考にしています)。

光回線実際の速度(下り)
トラスト光不明
ドコモ光252.98Mbps
auひかり380.63Mbps
ソフトバンク光305.14Mbps
NURO光480.59Mbps

トラスト光の実際の速度は、データがまったくないためわかりませんでした。

「みんなのネット回線速度」は、基本的にほとんどの光回線サービスの実測値データを保有しています。

ひかり博士

サービスを使っている人が少なすぎて不安になるのぅ…。

速度が速いかどうかは、ネットが必須の現代において大きな問題です。速度に妥協したくない人は、実際の速度が速いNURO光などを検討しましょう。

トラスト光はおすすめではない

トラスト光の評判や料金、キャンペーンなどを紹介しました。

結論としては、トラスト光はおすすめではありません。というより、もっとおすすめの光回線があります。

トラスト光よりもおすすめの光回線

先ほども紹介した通り、使っているスマホと合わせて選ぶと「スマホセット割」が適用されてお得です。

2022年現在、おすすめの光回線とおすすめのキャンペーン窓口をまとめました。

光回線 おすすめキャンペーン
ひかり博士

紹介している光回線は、すべてお得で高速じゃよ。

 参考記事:最もお得な光回線キャンペーンの選び方

トラスト光を契約してしまった…解約金や解約方法を紹介

解約

既にトラスト光を契約している人に向けて、解約方法を紹介します。

解約する前にまず確認しておきたいのが、「トラスト光には3年の契約期間があること」と「3年以内で解約すると多額の違約金がかかること」です。

トラスト光の解約時にかかる違約金一覧

トラスト光の解約時にかかる違約金をまとめました。

【基本的にかかる違約金】
・契約解除料:33,000円
・機器回収費:22,000円
・工事費の残債:44,000円ー(利用した月数×880円)

上記は基本的にかかると考えておきましょう。

以下の違約金は場合によっても、場合によってはかかります。

【場合によってかかる違約金】
・機器損害金:13,200円(レンタル機器を返却しなかった場合)
・「NURO 光 でんわ」解約工事費:1,100円
・番号ポータビリティ工事費:1,650円

トラスト光の解約の流れ

トラスト光の解約は、「電話手続き」となります。電話で解約する場合、以下の窓口に電話してください。

【トラスト光 サポートデスク】
0120-922-959
営業時間:10:00~17:00

解約が完了すると、業者がレンタル機器を回収するため自宅に訪れます。回収の日時などは、解約受付の後に日程調節の連絡がきます。

回収が完了すれば、完全に解約したことになります。

トラスト光のよくある質問

よくある質問
  • トラスト光のオプションはどんなものがある?
  • トラスト光のお問い合わせ先は?
  • トラスト光はクーリングオフできる?

質問1.トラスト光のオプションはどんなものがある?

スクロールできます
オプション名月額料金
NURO光でんわ550円
ひかりTV for NURO1,100円〜
カスペルスキー セキュリティ550円
生活便利相談サービス550円
住宅便利サービス550円
リモートサポート550円
とくとくネットスーパー
powered by デリキチ
660円
お財布サポート550円
キキホショ+550円
いつでもかけつけ365550円
らくらくバックアップ無制限550円
つながるWi-Fi1,078円

トラスト光には、上記のオプションサービスがあります。通常の月額料金よりも高い場合は、オプションが付いている可能性があるので確認しましょう。

質問2.トラスト光のお問い合わせ先は?

トラスト光の電話窓口は2つあります。

通常のサポートに関しては以下の電話にかけてください。

【トラスト光 サポートデスク】
0120-922-959
営業時間:10:00~17:00

サービス内容や営業活動に対しての苦情・相談は以下の番号におかけください。

【消費者相談窓口】
TEL:0120-659-909 
(平日)10:00~18:00 (土日祝)10:00~17:00【年中無休/年末年始のぞく】

質問3.トラスト光はクーリングオフできる?

電話勧誘で言われるがままにトラスト光を契約してしまった場合、解約金はかかるのでしょうか?

そんな時は、「初期契約解除制度」を利用して解約しましょう。初期契約解除制度はクーリングオフ制度に似た制度で、契約書が届いてから8日以内に契約解除を求める書面を事業者に送付すれば、強制的に解約にできるというもの。解約金はかかりません。

また、国民生活センターに相談してみるのも有効です。

まとめ

トラスト光について解説しました。

トラスト光
・口コミ→かなり評判が悪い
・キャンペーン→充実していない
・料金→他の光回線に比べてトータル数万円高い
・速度→不明(データなし)

トラスト光よりもお得で評判のいい光回線を検討することをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる