プラチナ光は営業電話の評判が最悪?料金・速度・解約方法を解説

プラチナ光
サル助手

プラチナ光ってところから「今使っている光回線が安くなりますよ!」って電話が来た。変えるべき・・・?

ひかり博士

正直にいってプラチナ光は、おすすめしないのう・・・。なぜなら評判が悪く料金も高いからじゃ。

プラチナ光の評判を調べてみると、かなり辛辣なものが多いです(すぐに口コミを確認したい人はこちらをクリック)。

この記事では、通信業界に現役で勤めている筆者が、プラチナ光の料金や評判、解約方法について徹底解説します!

はっきり言って、プラチナ光はおすすめではありません。なぜなら、さらにお得で評判のいい光回線があるからです。詳しく知りたい人は、「光回線のおすすめ9選|20社の速度と料金を比較・ランキング!」の記事をご覧ください!

目次

プラチナ光とは?

プラチナ光

プラチナ光公式サイトより引用

月額料金
(戸建て/マンション)
5,940円/4,840円
利用登録料880円
工事費
(戸建て/マンション)
19,800円/16,500円
契約年数3年間
解約金最大27,478円
キャンペーンなし
申し込み方法0570-200-577
※プラチナ光プラチナネットプランの場合

プラチナ光は、フレッツ光回線を利用した光コラボレーション(光コラボ)で、最大速度1Gbpsの高速通信が可能です。法人向けの光回線サービスとなります。

電気事業などのインフラ事業も行っている株式会社テレ・マーカーが運営しています。

ひかり博士

早速、プラチナ光の口コミを見ていくぞ!

この記事では、プラチナ光プラチナネットプランを中心に紹介しています。

プラチナ光の評判・口コミ

評判

早速プラチナ光の評判・口コミを確認していきましょう。

悪い口コミしか確認できませんでした・・・。

【いい口コミ】
見つけることができず

【悪い口コミ】
・速度が遅い
・営業電話がめんどくさい
・サポート対応が悪かった
・解約金が高すぎる

ではそれぞれ確認していきましょう。

プラチナ光のいい評判・口コミ

プラチナ光の口コミを探してみたのですが、見つけることができませんでした・・・。メジャーな光回線ではないこともあり、口コミ自体が少なめです。

ひかり博士

悪い時ほど口コミを書きたくなるもんじゃが、それにしてもプラチナ光にはいい口コミが見つからなすぎるのう・・・。

プラチナ光の悪い評判・口コミ

速度に関する口コミ

とにかく速度に不満がある人が多いようです。そもそも繋がりにくいという口コミも・・・。

ネットの速度が遅いと、何をやるにもイライラしますよね。

ひかり博士

光回線にとって一番重要なのは、間違いなく「速度の安定性」じゃ!速度にはこだわりを持って契約した方がいいぞ!

営業に関する口コミ

https://twitter.com/HanashiHitono/status/1437940723031035905
https://twitter.com/coco_jpp/status/1398153478875213824
https://twitter.com/ktanaka/status/1265114661432614913

一番多かった口コミが「勧誘電話」への不満。

実はプラチナ光は勧誘方法について総務省から行政指導を受けています。そのしつこさと悪質さには辟易している人も多いようですね・・・。

参考記事:悪質な営業で行政指導を受けた「光回線・光コラボ業者」一覧表

サポート対応に関する口コミ

サポート対応がいまいちという口コミも見つかりました。

何か不安のある時に頼りになるのが、サポートセンターです。そのサポートがしっかりしていないのは安心感がないですよね・・・。

ひかり博士

そもそもサポートセンターに電話がつながらないとの声もあるのぅ…。

解約に関する口コミ

プラチナ光は3年間の契約期間があり、更新月以外に解約すると27,478円の違約金がかかります。

オプションなどをつけている場合は、27,478円よりも違約金が膨れ上がりますので注意が必要です。さらに、解約時の電話はつながりにくい傾向がある点も知っておいてください。

ひかり博士

27,478円の解約違約金は、光回線の中でもかなり高い方じゃのう・・・。

参考記事:縛りなしの光回線を5社比較!おすすめは最安値のenひかり【解約金もなし】

プラチナ光と他の光回線を「キャンペーン・料金・速度」で比較

プラチナ光 比較

ここまでプラチナ光の悪い評判・口コミを確認しました。しかし、料金やキャンペーンなど客観的なサービスが、他の光回線と比較してどうなのか分かりませんよね。

そこで、プラチナ光と他の代表的な光回線(ドコモ光・auひかり・ソフトバンク光・NURO光)を「キャンペーン・料金・速度」で比べました。

プラチナ光
・キャンペーン→充実していない
・料金→他の光回線に比べてトータル数万円高い
・速度→かなり遅い

プラチナ光のキャンペーンを他の光回線と比較

まずは、それぞれのキャンペーンを比較しましょう。キャンペーンによって月額料金や初期費用が変わってきます。

ひかり博士

ここでは、適用条件が特にないキャンペーンのみを比較しておるぞ。

光回線キャンペーン
プラチナ光なし
ドコモ光・5,500円のキャッシュバック
・工事費無料
auひかり・20,000円のキャッシュバック
・工事費無料
ソフトバンク光・37,000円のキャッシュバック
・工事費無料
NURO光・45,000円のキャッシュバック
・工事費無料

プラチナ光ではキャンペーンを実施しておらず、他の光回線と比較して圧倒的にお得ではありません…

多くの光回線には、キャッシュバックや工事費無料キャンペーンがあります。プラチナ光には、そのようなキャンペーンがなく、大幅に損をしてしまいます・・・。

プラチナ光にはスマホセット割もない

スマホセット割
プラチナ光なし
ドコモ光ドコモスマホ割引
550円〜/月
auひかりauスマホ割引
550円〜/月
ソフトバンク光ソフトバンクスマホ・
ワイモバイル割引
550円〜/月
NURO光ソフトバンクスマホ・
ワイモバイル割引
550円〜/月

プラチナ光には、「スマホセット割」がありません。スマホセット割は、スマホと光回線を合わせて使うとお得になるキャンペーンのこと。1台に付き550〜1100円割引になります(割引額は契約プランによる)。

たとえば、4人家族で1,100円の割引を受けられるスマホプランを契約していた場合、毎月4,400円年間なら52,800円もお得になります!

ひかり博士

年間の割引額はバカにならないのう…。スマホセット割がない光回線を選ぶと、かなり損するじゃ。

プラチナ光の料金を他の光回線と比較

キャンペーンを加味した料金は以下の通りです。

スクロールできます
戸建て2年間の総額
月額料金
初期費用
プラチナ光163,240円5,940円20,680円
ドコモ光135,080円5,720円3,300円
auひかり88,900円4,400円3,300円
ソフトバンク光102,580円5,720円3,300円
NURO光83,100円5,200円3,300円
スクロールできます
マンション2年間の総額
月額料金
工事費
プラチナ光133,540円4,840円17,380円
ドコモ光103,400円4,400円3,300円
auひかり47,620円2,680円3,300円
ソフトバンク光103,620円4,180円3,300円
NURO光44,300円2,750円3,300円

プラチナ光の2年間の総額は、戸建て・マンション共に最も高いことがわかります。特に戸建ては、最安のNURO光と比べて2倍ほど高いです

さらに大手スマホとのセット割もないため、他の光回線との差額は上記の表以上に大きいです。

プラチナ光は、光回線をお得に使いたい人にはおすすめできません。

お得な光回線をすぐに知りたい人は、こちらをクリックしてください(ページ内を移動します)。

プラチナ光の速度を他の光回線と比較

光回線を選ぶ時に重要な要素である「実際の速度」も比較していきましょう(みんなのネット回線速度を参考にしています)。

光回線実際の速度(下り)
プラチナ光52.14Mbps
ドコモ光252.98Mbps
auひかり380.63Mbps
ソフトバンク光305.14Mbps
NURO光480.59Mbps

プラチナ光の平均速度が異様に遅いことがわかります。データ数が少なかったので、もちろん偏りはあるでしょう。それでも光回線で2桁台のMbpsは不安ですよね・・・。

速度が速いかどうかは、ネットが必須の現代において大きな問題。速度に妥協したくない人は、実際の速度が速いNURO光などを検討しましょう。

プラチナ光はおすすめの光回線ではない

プラチナ光の評判や料金、キャンペーンなどを紹介しました。

結論としては、プラチナ光はおすすめではありません。さらにおすすめの光回線があります。

プラチナ光よりもお得でおすすめの光回線

先ほども紹介した通り、使っているスマホと合わせて選ぶと「スマホセット割」が適用されてお得です。

2022年現在、おすすめの光回線とおすすめのキャンペーン窓口をまとめました。

光回線 おすすめキャンペーン
ひかり博士

紹介している光回線は、すべてお得で高速じゃのぅ。

 参考記事:最もお得な光回線キャンペーンの選び方|チェックポイント7つと注意点3つ

プラチナ光の解約方法

解約

既にプラチナ光を契約している人に向けて、解約方法を紹介します。

プラチナ光には3年の契約期間があります。3年未満に解約すると27,478円の解約違約金がかかります。注意してください。

プラチナ光の解約は、「電話手続き」「Web」で行います。電話手続きの場合、以下の窓口から電話してください。

【プラチナ光サポートセンター】
フリーダイヤル:0120-877-572
9:00〜18:00 (土日祝日を除く)

「Web」から解約したい人はこちらから申し込みしてください。

プラチナ光のよくある質問

よくある質問
  • プラチナ光のオプションはどんなものがある?
  • プラチナ光が行政指導を受けたってほんと?

質問1.プラチナ光のオプションはどんなものがある?

オプション名月額料金
ひかり電話550円
リモートサポートサービス550円
プラチナ光TV伝送サービス825円
24時間365日出張修理オプション3,300円
コンシェルジュサービス550円

プラチナ光には上記のオプションサービスがあります。通常の月額料金よりも高い場合は、オプションが付いている可能性があるので確認しましょう。

質問2.プラチナ光が行政指導を受けたって本当?

本当です。

令和2年10月14日に総務省から行政指導を受けています。行政指導を受けた理由は、「電話勧誘において、不適切な勧誘方法が認められた」とのこと。

「不適切な勧誘方法」を具体的にいうと、「会社名を明かさずNTTの関係者のように装った案内をした」ようです。

まとめ

プラチナ光について解説しました。

プラチナ光
・口コミ・評判→辛辣なものが多い
・キャンペーン→充実していない
・料金→他の光回線に比べてトータル数万円高い
・速度→かなり遅い

プラチナ光よりもお得で評判のいい光回線を検討することをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次